新生児服「肌着」の特徴

刺激に敏感な赤ちゃんの肌を包む肌着には、様々な配慮と工夫が凝らされています。大切な我が子がいつでも快適に過ごせるよう、ベビー服の購入時は着心地の良い素材選びからはじめましょう。

フラットシーマ縫製

フラットシーマ(flatseamer)とは、縫い合わせる生地同士を最小限の幅で上下に重ね、特殊な四本針ミシンを使った縫製のことを指します。四本針で平らに縫い合わせることで余分なゴロつきがなく、縫い目の肌当たりが解消されるため、肌へのストレスが少ないのが特徴です。丈夫でしっかりとした作りになっており、長持ちするのも嬉しいポイントです。

打ち合わせ

体の前で合わせる(着物のようなスタイル)肌着です。生後間もない赤ちゃんは一日の大半をベッドや布団の上で寝て過ごします。ねんねしたまま脱ぎ着させたり、オムツ替えの手間が楽な「打ち合わせ型」は大変便利です。紐で結んだりワンタッチタイプのものがございます。

・紐タイプ

サイズ調節がしやすく、ある程度体が大きくなっても長く使える

・ワンタッチタイプ

動き回るベビーにも手早く着せられ、はだけにくい

ちなみに、着物の文化がない欧米のベビー服には「打ち合わせ型」が少なく、頭からかぶるタイプの肌着が主流とされています。お首がすわる頃になってきたら、ぜひ「かぶり型」を着せてあげましょう。
前開きより着脱が簡単な上、ファッションの幅も広がります。

縫い代・タグ

生まれたての繊細な肌はちょっとの刺激でかぶれたりする恐れがあります。肌着の多くは、縫い代やタグが表側に出してあり、デリケートな赤ちゃんの肌に当たる心配がありません。ベビーが安心して身につけられるよう、細部まで工夫が行き届いた縫製となっています。

このように、随所にこだわりが詰まったベビーウェアは新生児用の肌着だけではありません。
ベビー服専門通販の当店では、花柄・ボーダー・フリル等のデザイン性もさることながら、ロンパースやカバーオールに使用される素材や縫製の仕方など、特に「質」の部分に力を入れた乳児・幼児向けのベビー服を取り揃えております。

日本の丁寧な縫製が特徴の「ビジュー&ビー」や生地の耐久性に優れた「ザザクチュール」、60年代の欧米ファッションと最新トレンドをミックスさせた「レトコ」など、着心地・デザインともに優秀なベビーウェアブランドをセレクト致しました。ビジュー&ビーなどのおしゃれなベビーウェアブランドを我が子用にはもちろん、大切な方への出産祝いや贈り物選びにぜひご活用ください。

ページトップへ